企業一覧
company

高島産業株式会社

人と自然を大切に、 超精密に挑戦する。

Takashimaは創業以来、高精度精密部品の製造に携わってきています。長年の精密部品製造で培われたウェハー加工技術・精密部品加工技術・セラミック加工技術・冷間鍛造加工技術・表面加工技術等の高度化された加工技術は、他社の追随を許さない私たちのキーテクノロジーとなっています。特に難削材の微細複合切削加工や、セラミックスなどの精密研磨加工に優れた技術力を発揮し、顧客の絶大な信頼を得ています。
更に独自の省力化技術を駆使したFAマシンの設計製作を得意とし、大手メーカー各社のFA化に貢献するとともに、多機能デスクトップ型加工機「MULTIPRO」、3次元内部構造顕微鏡など、未来を見据えた機械設備を開発・販売しています。
また、Takashimaは諏訪という風土とともに歩みたいと考えています。風土の恵みに感謝しつつ、そのかけがえのない地域の自然環境を守るため私たちは「高島環境ボランティア基金」を設立し、諏訪湖浄化の活動を支援しています。
Takashimaは高度な技術を駆使するだけでなく、地球環境を守ることにも積極的でありたいと考えています。


企業プロフィール

会社名

高島産業株式会社

所在地

長野県茅野市金沢5695-6

代表者名

取締役社長 小口 武男

創業

1945年(昭和20年)3月

資本金

2,400万円

従業員数

240名(男180名・女60名)

事業内容

時計、情報機器、通信機器、医療機器の部品
ICウエハー、セラミックス等の研磨・研削加工
FAロボットの研究開発、卓上型設備の開発

関連会社

新和工機株式会社

現地法人

高島産業有限公司(香港)
拓希瑪光電(深圳)有限公司(中国)
Takashima Vietnam Ltd(ベトナム)

待遇と採用実績

初任給

大学卒202,000円(平成31年度実績)

諸手当

家族手当、通勤手当、借家補助、高速道料金補助

昇給

年1回(4月)

賞与

年2回(7月・12月)

就業時間

8:30〜17:15(実働8時間)
※フレックスタイム制度有

休日休暇

完全週休2日制(年間122日)、年末年始、ゴールデンウィーク、夏期、バースデイ休日、フレックス休日、リフレッシュ休暇

福利厚生

【施設】独身寮、社宅
【保険】健保、厚生年金、雇用、労災、団体自家用自動車
【その他】各種クラブ活動、各種行事、財形

こんな会社です

採用担当 総務課 内田・佐藤

当社では社員が働きやすい環境を作ることが最も大切だと考えています。特にプライベートが充実していないと仕事で充分に力を発揮することはできません。そのため、フレックスタイム制やバースデー休暇、育児休業+小学校入学までの時短勤務などを導入。一人ひとりが自分のペースで働くことができる環境を作っています。また、昨年完成した新工場には社員食堂が併設され、健康面でもサポートできるようになりました。これからも社員にやさしい会社となるための取り組みを進めていきます。

会社所在地

諏訪工場:〒392-0007 長野県諏訪市清水2-1-21

 

本社・御狩野工場:〒391-0012 長野県茅野市金沢5695-6

詳細の問い合わせ先

TEL:0266-72-8833
総務課:内田・佐藤
E-mail:saiyo@takashima.co.jp
採用Facebook:http://www.facebook.com/takashimasangyo

先輩社員の声

開発部 工機課 小山 裕司(信州大学 工学部卒)(平成25年入社)

高島産業では微細精密部品の加工から、産業機械の開発まで、様々な事業を展開しており、私の所属している開発部工機課では、主に加工機や検査機などの産業機械を製作しています。各種装置のメカ設計・電気設計・ソフト設計から組み立てまでを一貫して行い、自社ブランドとして販売を行っています。
私は昔からものづくりが大好きで「将来はものづくりに関わる仕事をしたい!」と思っていました。しかし、“ものづくり”と一言に言っても、部品一つ加工するにしても“ものづくり”ですし、それらを組み立てるのだって“ものづくり”。電気配線を考えて、回路を組むのも“ものづくり”。ソフトウェアを作るのだって“ものづくり”だと思います。
となると私の中に「自分が本当にやりたいことは何だろう?」という疑問が生まれました。おそらく、同じようなことを考えた人もいるのではないかと思います。
私は大学でコンピュータ関連の勉強をしていましたが、趣味で電気回路づくりや組み立て、車いじりもしていたため、どの方向に進むか悩みました。結果として、現在はこの職場で産業機械の制御設計を行っていますが、ここでは先に書いたように、設計から組み立て、そして制御してユーザーに届けるところまで携わることができるといったところが、面白いところだと思います。
この職場で製作している機械はオーダーメイド品が多いため、ユーザーの要望によっては、非常に難しかったり、上手くいかないことも多いものです。しかし苦労した分、納品したときに「期待していた以上に良いですね!」と、満足の評価をいただけた時は、苦労して作って良かったと感動したこともありました。
就活はとても苦労するし、辛いこともあると思いますが、みなさんも自分が本当にやりたいことを考え、やりがいのある仕事を見つけられればと思います。